と、ビールを飲みながら、ふっと笑って、 「いやですねえ。昔の話をむし返して。

と、ビールを飲みながら、ふっと笑って、
「いやですねえ。昔の話をむし返して。わたしが今日あなたにおねがいしたいのは、いままでのことはいままでのこととして、これからは、子供たちは、自由に会えるようにさせたいっていうことなのよ」
「そらや、わしが前からいってることだ。あんたのほうで承知しなかっただけだよ」
「じゃ、とにかくこれからは、香也子をいつでもうちによこしてくださいね」
「ああ、その代わり、恵理子をいつ呼び出してもいいね」
「いいわよ。恵理子も、香也子も、年ごろですからねえ。結婚や何かのことで、わたしに相談したかったり、あなたに相談したかったりすることがあるでしょうから」
ホッとしたように、保子は残りのビールをあおる。その指に、何の指輪もないのを見た容一は、
「何か指輪を上げようかね、あんたにも」
と、ニヤニヤとした。

三浦綾子『果て遠き丘』「春の日 十」
『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 「わたし、香也子です。よろしく」

  2. この川を隔てた向こうは

  3. お手伝いの絹子が、コーヒーを持ってテラスから芝生に降りてきた。

  4. 容一は立ちあがり、 「ま、この後は君たち二人で……な、扶代」

  5. ふだん香也子は、保子や恵理子の顔など、二度と見たくないといっている。

  6. 家人たちが騎馬のけいこをしているのであろう。土塀の外を大声で笑いながら、二、三騎駈けて行く音がした。