「だからいったことじゃないか。第一だよ、わしに女ができたからって……そりゃ女をつくることは悪いよ。悪いがねえ、保子、俺だって男だからね。たまにはほかの女にも手を出すさ」

「だからいったことじゃないか。第一だよ、わしに女ができたからって……そりゃ女をつくることは悪いよ。悪いがねえ、保子、俺だって男だからね。たまにはほかの女にも手を出すさ」
「それがいやなんですよ。汚らしい」
保子は十年前の顔になる。
「そんなこといってね、お前、一人前の男が、妻君一人守って、一生いるなんて、まずない話だよ、こりゃあ」
「人様はどうでも、何もあなたまでなさらなくたっていいでしょう。人がしてるから、泥棒でも人殺しでもいいっていうんですか」
「極端だよ、お前は」
「ね、あなた、女にとって夫の浮気は何よりいやなのよ。死なれるよりいやなのよ」
「死なれるよりいや?」
「そうよ。どんな女でもそういうわ」
「冷酷なもんだね、女というものは」
「冷酷なのは男ですよ。そんなにいやなのに女をつくる」

三浦綾子『果て遠き丘』「春の日 十」
『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 香也子は二人を見ると、ついと顔をそむけた。

  2. 十二畳の居間に、母の保子はテレビを見ていた。

  3. 「そうか、ぼくは、あの人は何不自由なく育った幸せな人かと思った。そうか、お父さんがおられなかったのか」

  4. ひとしきり話が弾んだあと、保子は時計を見、 「あら、もう二時過ぎよ。急がなければ、おばあちゃんが帰ってくるわ」 「帰ってきたって、いいじゃないか」

  5. 「もしもし、お兄さん? わたしよ。香也子よ」 甘い声を香也子は出す。 「ああ、香也子さんですか。いけませんよ、章子さんのそばで電話をしたりしちゃ」

  6. 恵理子の立つ、川一つ隔てたこの道には、