「手があがったかね」コップにビールを注いでやりながら、容一がいう。

「手があがったかね」
コップにビールを注いでやりながら、容一がいう。泡が白く盛りあがった。
「同じよ。せいぜい一本よ」
保子も容一のコップに注ぐ。
「ま、お互いに元気でよかった」
ちょっとコップをあげて容一がいい、保子もコップをあげた。
「何で別れたのかね、わたしたちは」
「決まってるじゃありませんか。あなたに好きな人ができたからよ」
「好きな?」
好きという言葉が、容一には的確とは思えなかった。関係ができたからといって、直ちに好きといわれることは、甚だしい飛躍に思われた。

三浦綾子『果て遠き丘』「春の日 十」
『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 「何を考えていたんだ」

  2. 「やっぱり、馬子にも衣装よ」

  3. 「どうも、突拍子もない子でねえ。驚いたでしょう、金井君」

  4. そこに、妻の扶代と章子がテラスから出てきた。

  5. が、近ごろは、なぜか時おり父がふと懐かしくなる。

  6. 炎を見つめながら、恵理子はそのとき、そんなことを思っていた。