「手があがったかね」コップにビールを注いでやりながら、容一がいう。

「手があがったかね」
コップにビールを注いでやりながら、容一がいう。泡が白く盛りあがった。
「同じよ。せいぜい一本よ」
保子も容一のコップに注ぐ。
「ま、お互いに元気でよかった」
ちょっとコップをあげて容一がいい、保子もコップをあげた。
「何で別れたのかね、わたしたちは」
「決まってるじゃありませんか。あなたに好きな人ができたからよ」
「好きな?」
好きという言葉が、容一には的確とは思えなかった。関係ができたからといって、直ちに好きといわれることは、甚だしい飛躍に思われた。

三浦綾子『果て遠き丘』「春の日 十」
『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. テレビの中では、若い女性が海べに立って、去って行く男の姿を見つめている。

  2. 新芽のけぶる木の間越しに、旭山の裏手の山々が見える。

  3. 二歳年下だが、八重は凞子と時折まちがわれるほどに、背丈も顔かたちもよく似ている。

  4. 青年はギターを膝に抱え、

  5. あの時よりいちだんと娘らしくなった恵理子が、顔をうつむけて茶を点てている。

  6. いい終わらぬうちに、ドアをノックしてはいってきたのは、香也子だった。