容一に手首をぐいぐい引っぱられて、何十メートルか、斜面を降りた扶代と章子は、あっけにとられていた。

容一に手首をぐいぐい引っぱられて、何十メートルか、斜面を降りた扶代と章子は、あっけにとられていた。
「どうなすったの」
せっかく珍しい野点を見ようと思っていた扶代は、あきれて容一を見た。が、咎めるものの言い方のできない女なのだ。
「どうしたって、お前、あそこは駄目だよ」
「駄目?」
容一はようやく二人の手を放し、草に腰をおろした。
「駄目って、何が駄目なのですか」
もうここからは見えない茶席のほうを扶代は見上げる。近くで数人の若い男女がジンギスカン鍋を突つきながら、『知床旅情』を歌っている。

三浦綾子『果て遠き丘』「春の日 八」
『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 母の保子は、朝起きるとすぐに掃除をはじめた。

  2. 西に広がる旭川は、数えるほどしかビルのない平たい街だ。

  3. 「式のことだがねえ、金井君」 そんないきさつを知る筈もなく、容一がいった。

  4. 「香也ちゃん」 たった一人の妹の名を、恵理子はそっと呼んでみる。

  5. ジンギスカン鍋をつついている者、輪になって歌をうたっている者、桜の花の下には、何十組とも知れぬ人の群があった。

  6. 「帰ってきて、うがいをしたの? 手は?」