子供のように勢いよく走って行く香也子のうしろ姿を、西島広之は微笑して見送った。

子供のように勢いよく走って行く香也子のうしろ姿を、西島広之は微笑して見送った。急な坂道を香也子はつんのめりそうに走って行く。ハラハラして見送っていると、香也子はカーブをまがったところで、勢いよく倒れた。西島は驚いて駆け寄って行った。

三浦綾子『果て遠き丘』「春の日 七」
『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 香也子は、さっきからだらだらとつづいている生さぬ仲のドラマを切った。

  2. 「でも、あなた、恵理子はもうそろそろ結婚する齢ですよ。お店なんか持っていては、結婚の邪魔になりますわ」

  3. 「何を考えていたんだ」

  4. 菊天で容一に会った時、容一は保子の指に指輪のないのを見ていった。 「買ってやろうか」

  5. 十二畳の居間に、母の保子はテレビを見ていた。

  6. 「あの、あと二十分ぐらいしたら、おみえになる筈ですけれど」