子供のように勢いよく走って行く香也子のうしろ姿を、西島広之は微笑して見送った。

子供のように勢いよく走って行く香也子のうしろ姿を、西島広之は微笑して見送った。急な坂道を香也子はつんのめりそうに走って行く。ハラハラして見送っていると、香也子はカーブをまがったところで、勢いよく倒れた。西島は驚いて駆け寄って行った。

三浦綾子『果て遠き丘』「春の日 七」
『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. そんな容一に、保子から電話がきた時、容一はわれにもなく心がゆらいだ。

  2. ジンギスカン鍋をつついている者、輪になって歌をうたっている者、桜の花の下には、何十組とも知れぬ人の群があった。

  3. 「ここの中華料理はうまいね。実はこの前の日曜日、うちに客があってね。中華料理の手づくりをご馳走したんだ。それが意外とうまくてね。お前たちに食べさせてやりたいと思ったもんだから……」 「どなたがおつくりになったの」

  4. 同じ日。橋宮容一は、庭のテーブルでコーヒーを飲みながら、

  5. 茶席を出た香也子は、桜の木陰にいる祖母と、母の保子を見出した。

  6. 「卓球ができれば、立派なもんですよ。わたしは自転車にも乗れない」