子供のように勢いよく走って行く香也子のうしろ姿を、西島広之は微笑して見送った。

子供のように勢いよく走って行く香也子のうしろ姿を、西島広之は微笑して見送った。急な坂道を香也子はつんのめりそうに走って行く。ハラハラして見送っていると、香也子はカーブをまがったところで、勢いよく倒れた。西島は驚いて駆け寄って行った。

三浦綾子『果て遠き丘』「春の日 七」
『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 母の保子は、朝起きるとすぐに掃除をはじめた。

  2. 香也子は再び視線を姉の恵理子に戻した。

  3. 「ご機嫌いかがですかな、香也子嬢」

  4. 香也子は二人を見ると、ついと顔をそむけた。

  5. その次の日も、同じ時刻、向こう岸に青年を見た。

  6. ガラシャ夫人の名を、はじめてわたしが聞いたのはいつの頃であったろうか。