「もうぼくに用事がなければ失礼します」西島はきっぱりといった。

「もうぼくに用事がなければ失礼します」
西島はきっぱりといった。
「あら、どうなさったの。怒ったの。どうしたのよ。どうして怒ったの。わたし、あなたが姉の恋人だと思ったでしょう。だから、わたしと姉が、昔どおり仲よくなれるように助けてほしいと思ったのよ」
「そうですか。あの人と君がねえ。ぼくにその力があったら、いつでも仲に立ちますよ。ただし、その日がいつになるか、保証はできませんよ」
西島広之は、やさしい語調に戻った。
「ありがとう、じゃ、バイバイ」
無邪気にいって、香也子は不意に駆け出した。

三浦綾子『果て遠き丘』「春の日 七」
『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 「式のことだがねえ、金井君」 そんないきさつを知る筈もなく、容一がいった。

  2. 子供のように勢いよく走って行く香也子のうしろ姿を、西島広之は微笑して見送った。

  3. それにしても、女の命は見目形であろうか

  4. ふだん香也子は、保子や恵理子の顔など、二度と見たくないといっている。

  5. 茶席を出た香也子は、桜の木陰にいる祖母と、母の保子を見出した。

  6. 正式に保子と別れてからは、電話はおろか、葉書一枚きたこともない。