「もうぼくに用事がなければ失礼します」西島はきっぱりといった。

「もうぼくに用事がなければ失礼します」
西島はきっぱりといった。
「あら、どうなさったの。怒ったの。どうしたのよ。どうして怒ったの。わたし、あなたが姉の恋人だと思ったでしょう。だから、わたしと姉が、昔どおり仲よくなれるように助けてほしいと思ったのよ」
「そうですか。あの人と君がねえ。ぼくにその力があったら、いつでも仲に立ちますよ。ただし、その日がいつになるか、保証はできませんよ」
西島広之は、やさしい語調に戻った。
「ありがとう、じゃ、バイバイ」
無邪気にいって、香也子は不意に駆け出した。

三浦綾子『果て遠き丘』「春の日 七」
『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. いい終わらぬうちに、ドアをノックしてはいってきたのは、香也子だった。

  2. 「やっぱり、馬子にも衣装よ」

  3. 金井政夫は、運動ならスキーでも、野球でも、ホッケーでもやるといった感じの、スポーツ青年に見えた。

  4. つんとする香也子に、容一はいった。

  5. いま思うと、外から帰ってきた父が、洗面所で、

  6. 容一は、恵理子の高校の卒業式に扶代にかくれて出席した。