新芽のけぶる木の間越しに、旭山の裏手の山々が見える。

新芽のけぶる木の間越しに、旭山の裏手の山々が見える。
「ああ、ぼくはね。東西南北の西、列島の島、帯広の広、貧乏の乏の、ノをとった之。わかりますか」
「西島広之?」
香也子は目を輝かした。
「よく一度でわかりましたね。たいていの女性は、こういうと混乱して一度でわかってくれないんです。ところであなたの名は?」
「わたし? 橋宮香也子、香はかおり、也は一円也の也よ、変な名前」
「橋宮香也子、なかなかいい名じゃありませんか。橋宮建材と何か関係がありますか」
「あら、橋宮建材は父の会社よ。ご存じ?」
「知ってますよ。ぼくは木工団地の三K木工のデザイナーですからね」
「あら、デザイナーさんなの、西島さん。すてきねえ」
「建材屋さんとは、無縁じゃありませんよ。そうか、するとあの人は、橋宮建材のお嬢さんだったのか」
西島広之の歩みが遅くなった。

三浦綾子『果て遠き丘』「春の日 七」
『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 「素顔のほうがきれいだよ、香也子」 「まさか」 化粧した顔のほうがきれいだと、香也子は信じきっている。

  2. その翌日のことだった。保子にいわれて、恵理子はゴミを焼きに外に出た。

  3. 炎を見つめながら、恵理子はそのとき、そんなことを思っていた。

  4. 恵理子は洗面所を出ると、二階の自分の部屋にあがって行った。

  5. 金井はいま、思いきって橋宮容一に、章子との交際を求めたばかりなのだ。

  6. ツネの眉が、けわしく上がっている。恵理子はふっと、わが祖母ながら、芝居に出てくる小意地の悪い奥女中を見る感じがして、ツネから目をそらせた。