二人はいつしか頂上に出た。頂上にはテレビ塔があった。

二人はいつしか頂上に出た。頂上にはテレビ塔があった。ここにも桜は見事に咲いていた。頂上から山の裏手につづく細い道があった。二人は何となくそっちへ歩いて行く。低いタラの木が、みずみずしい芽をつけ、道べには青い蕗が葉を広げはじめている。

三浦綾子『果て遠き丘』「春の日 七」
『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 恵理子は洗面所を出ると、二階の自分の部屋にあがって行った。

  2. 「おばあちゃん。わたし、お母さんのいうことわかるわ。わたしだって香也ちゃんやお父さんが懐かしいわ」 恵理子が助け舟を出す。

  3. 青年はギターを膝に抱え、

  4. 家人たちが騎馬のけいこをしているのであろう。土塀の外を大声で笑いながら、二、三騎駈けて行く音がした。

  5. その翌日のことだった。保子にいわれて、恵理子はゴミを焼きに外に出た。

  6. 子供のように勢いよく走って行く香也子のうしろ姿を、西島広之は微笑して見送った。