二人はいつしか頂上に出た。頂上にはテレビ塔があった。

二人はいつしか頂上に出た。頂上にはテレビ塔があった。ここにも桜は見事に咲いていた。頂上から山の裏手につづく細い道があった。二人は何となくそっちへ歩いて行く。低いタラの木が、みずみずしい芽をつけ、道べには青い蕗が葉を広げはじめている。

三浦綾子『果て遠き丘』「春の日 七」
『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 十二畳の居間に、母の保子はテレビを見ていた。

  2. 新芽のけぶる木の間越しに、旭山の裏手の山々が見える。

  3. 曇った空の下に、郭公の声がしきりにする。 もう十時だというのに、香也子はネグリジェのまま、一時間も前から三面鏡に向かって化粧していた。

  4. 青年はギターを膝に抱え、

  5. 二月初めのある夕べ、凞子は突如悪寒がしたかと思うと、たちまち高熱を発して床に臥した。

  6. じっと恵理子を見つめている香也子の姿を、ツネと保子が息を殺して眺めている。