「あの……わたし、いまお茶を点てていた恵理子の妹なんです」

「あの……わたし、いまお茶を点てていた恵理子の妹なんです」
「え?」
青年は目を見張った。
「あの人が君のお姉さん?」
「そうです」
「えり子さんっていうんですか、あの人」
「あら、まだ名前もご存じないんですか」
「知りません」
「じゃあ、どうして姉はあなたを見て真っ赤になったんでしょう」
「さあ、顔見知りだからでしょう」
青年の答えはさわやかだった。

三浦綾子『果て遠き丘』「春の日 七」
『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 「やっぱり、馬子にも衣装よ」

  2. 「ご機嫌いかがですかな、香也子嬢」

  3. ほうっと、また溜息をついた時、先程の騎馬であろうか。再び地ひびきを立てて塀の外を駈け過ぎて行った。

  4. 「まあ? 恵理子姉さんって、そんなに魅力的?」

  5. あの時よりいちだんと娘らしくなった恵理子が、顔をうつむけて茶を点てている。

  6. 車はいつのまにか、高砂台から観音台につづく、馬の背に似た丘の尾根を走っていた。