「あの……わたし、いまお茶を点てていた恵理子の妹なんです」

「あの……わたし、いまお茶を点てていた恵理子の妹なんです」
「え?」
青年は目を見張った。
「あの人が君のお姉さん?」
「そうです」
「えり子さんっていうんですか、あの人」
「あら、まだ名前もご存じないんですか」
「知りません」
「じゃあ、どうして姉はあなたを見て真っ赤になったんでしょう」
「さあ、顔見知りだからでしょう」
青年の答えはさわやかだった。

三浦綾子『果て遠き丘』「春の日 七」
『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 章子のボーイフレンドの金井政夫を、今日ははじめてわが家に呼んだのだ。

  2. 香也子が、本当に生みの母を慕っているかどうか、容一には疑問である。

  3. むろん、いまの妻扶代の、善意でのびやかな性格もいい。

  4. 西に広がる旭川は、数えるほどしかビルのない平たい街だ。

  5. 沢を隔てた向かいの山が、日一日と鮮やかな芽吹きを見せてきている。

  6. 「あら、そう。まだ恋人ってわけじゃないの。そうなの」