「あの……わたし、いまお茶を点てていた恵理子の妹なんです」

「あの……わたし、いまお茶を点てていた恵理子の妹なんです」
「え?」
青年は目を見張った。
「あの人が君のお姉さん?」
「そうです」
「えり子さんっていうんですか、あの人」
「あら、まだ名前もご存じないんですか」
「知りません」
「じゃあ、どうして姉はあなたを見て真っ赤になったんでしょう」
「さあ、顔見知りだからでしょう」
青年の答えはさわやかだった。

三浦綾子『果て遠き丘』「春の日 七」
『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 「わたし、あまり得意なものがないんです」 「そうでもないんですのよ。人様のスーツや、オーバーを縫いますしね。お茶も、将来はおばあちゃんのあとを継げるんじゃないですか」

  2. そんな容一に、保子から電話がきた時、容一はわれにもなく心がゆらいだ。

  3. 父の橋宮容一は、後妻の扶代と、そのつれ子の章子を家にいれた。

  4. 扶代と章子の手を引いて、あわてて逃げ出す容一を、 「お父さん!」 と呼んだ香也子の声は、かん高かった。

  5. 金井はいま、思いきって橋宮容一に、章子との交際を求めたばかりなのだ。

  6. この川を隔てた向こうは