「あの……」追いついて口ごもった香也子に、青年はふり返った。

「あの……」
追いついて口ごもった香也子に、青年はふり返った。
「ああ」
青年は香也子が、自分の隣にいた女性であることに気づいたようだった。
「何か……」
香也子はうなずいた。
「わたし……あなたに聞いていただきたいことがあるんです」
香也子は少し涙ぐんだような声でいった。
「ぼくにですか」
青年は、ちょっと困った顔をしたが、「なんです?」と、やさしく香也子を見た。

三浦綾子『果て遠き丘』「春の日 七」
『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 「見事だねえ。恵理子」

  2. そこに、妻の扶代と章子がテラスから出てきた。

  3. ふっと恵理子は時計を見た。もう十二時半だ。川向こうを見る。やはり青年はきていない。と、その時、「恵理子、お電話よ」 と呼ぶ、母の保子の声がした。

  4. 「おとなしいところがいいんだろう。ところで、お前もお茶でも習ったらどうだ」 容一はようやく、いいたかったことをきりだした。

  5. 「あのう、お姉さま」 凞子の傍らに八重は腰をおろした。

  6. 「どうした。コーヒーを飲まないのかい」