「あの……」追いついて口ごもった香也子に、青年はふり返った。

「あの……」
追いついて口ごもった香也子に、青年はふり返った。
「ああ」
青年は香也子が、自分の隣にいた女性であることに気づいたようだった。
「何か……」
香也子はうなずいた。
「わたし……あなたに聞いていただきたいことがあるんです」
香也子は少し涙ぐんだような声でいった。
「ぼくにですか」
青年は、ちょっと困った顔をしたが、「なんです?」と、やさしく香也子を見た。

三浦綾子『果て遠き丘』「春の日 七」
『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 恵理子は洗面所を出ると、二階の自分の部屋にあがって行った。

  2. 「ここの中華料理はうまいね。実はこの前の日曜日、うちに客があってね。中華料理の手づくりをご馳走したんだ。それが意外とうまくてね。お前たちに食べさせてやりたいと思ったもんだから……」 「どなたがおつくりになったの」

  3. じっと恵理子を見つめている香也子の姿を、ツネと保子が息を殺して眺めている。

  4. 中学に入学するとき、恵理子はセーラー服をつくってもらった。

  5. 行く手の畔に立つ数本のイタリヤポプラを見た。

  6. 「あら、もう章子さんの彼氏、みえる頃じゃないかしら」