茶席を出た香也子は、桜の木陰にいる祖母と、母の保子を見出した。

茶席を出た香也子は、桜の木陰にいる祖母と、母の保子を見出した。保子が笑いかけ、近寄ろうとした時、香也子はついと視線をはずして、すぐにその場を離れた。ひどく冷たい表情だった。香也子はうしろもふり向かずに、いましがた隣にいた青年の姿を追った。青年はぶらぶらと、山道を登って行く。香也子は、急ぎ足で後を追った。

三浦綾子『果て遠き丘』「春の日 七」
『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 沢を隔てた向かいの山が、日一日と鮮やかな芽吹きを見せてきている。

  2. 旭山は、恵理子たちの家から車で二十分ほどのところにある美しい小山である。

  3. 恵理子は誰かの視線を感じた。

  4. 「あの……わたし、いまお茶を点てていた恵理子の妹なんです」

  5. 二歳年下だが、八重は凞子と時折まちがわれるほどに、背丈も顔かたちもよく似ている。

  6. 人々の視線は、再び茶席に戻っている。