茶席を出た香也子は、桜の木陰にいる祖母と、母の保子を見出した。

茶席を出た香也子は、桜の木陰にいる祖母と、母の保子を見出した。保子が笑いかけ、近寄ろうとした時、香也子はついと視線をはずして、すぐにその場を離れた。ひどく冷たい表情だった。香也子はうしろもふり向かずに、いましがた隣にいた青年の姿を追った。青年はぶらぶらと、山道を登って行く。香也子は、急ぎ足で後を追った。

三浦綾子『果て遠き丘』「春の日 七」
『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 半東の弟子が水差しを運んできた。

  2. 「あのう、お姉さま」 凞子の傍らに八重は腰をおろした。

  3. 「おとなしいところがいいんだろう。ところで、お前もお茶でも習ったらどうだ」 容一はようやく、いいたかったことをきりだした。

  4. 「あの……わたし、いまお茶を点てていた恵理子の妹なんです」

  5. 「香也ちゃん」 たった一人の妹の名を、恵理子はそっと呼んでみる。

  6. 「まあ、すてき!」 崖ぶちのあずまやにはいった香也子が叫んだ。