香也子は再び視線を姉の恵理子に戻した。

香也子は再び視線を姉の恵理子に戻した。確かに従兄の小山田整がいったように、恵理子は知的で、かつしとやかだった。自分の持たぬものを恵理子は持っていた。母とともに、自分を捨てて行った恵理子の横顔を香也子は突きさすように見た。出て行って以来、一度も会ったことのない姉は、香也子にとって、他人より冷たく遠い存在だった。

三浦綾子『果て遠き丘』「春の日 七」
『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 十二畳の居間に、母の保子はテレビを見ていた。

  2. 「まあ、すてき!」 崖ぶちのあずまやにはいった香也子が叫んだ。

  3. 「見事だねえ。恵理子」

  4. 車は次第に旭山に近づく。

  5. 「その、なんだ。敵がいるんだよ、敵が」 「てきですって?」

  6. 扶代と章子の手を引いて、あわてて逃げ出す容一を、 「お父さん!」 と呼んだ香也子の声は、かん高かった。