「これから一服を差しあげとう存じます」

「これから一服を差しあげとう存じます」
亭主の恵理子がそういってお辞儀をし、正客の青年を見た。途端に恵理子の顔に血がのぼった。
(あら、あかくなっている!)
正客の隣の香也子は、すばやく青年を見た。青年もちょっと顔を赤らめている。
(愉快だわ……この二人はきっと恋人同士なのだわ)

三浦綾子『果て遠き丘』「春の日 七」
『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 「いつかねえ、旭山で恵理子のきもの姿を見たよ。いい娘になったね」 「…………」 「どうだね、一度お父さんと食事でもしないかね」 「……ハイ……でも」

  2. 「おばあちゃん。わたし、お母さんのいうことわかるわ。わたしだって香也ちゃんやお父さんが懐かしいわ」 恵理子が助け舟を出す。

  3. 香也子は、化粧の仕上がった顔を、さっきから鏡に近づけたり離したりして、眺めている。

  4. 若葉となったポプラの木立越しに向こう岸を見た恵理子は、淡い失望を感じて再びミシンの前にすわった。

  5. 「おとなしいところがいいんだろう。ところで、お前もお茶でも習ったらどうだ」 容一はようやく、いいたかったことをきりだした。

  6. 2019(令和元)年 6月18日:オーディオライブラリーがポッドキャストでも楽しめるように