「これから一服を差しあげとう存じます」

「これから一服を差しあげとう存じます」
亭主の恵理子がそういってお辞儀をし、正客の青年を見た。途端に恵理子の顔に血がのぼった。
(あら、あかくなっている!)
正客の隣の香也子は、すばやく青年を見た。青年もちょっと顔を赤らめている。
(愉快だわ……この二人はきっと恋人同士なのだわ)

三浦綾子『果て遠き丘』「春の日 七」
『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 「おいしいわ。とってもおいしいわ」 香也子がいった。テーブルの上には、牛肉とピーマンと地物の筍のいため煮、毛蟹を使ったフーヨーハイ、それに容一の好きな八宝菜、酢ブタなどがいっぱいに並べられている。

  2. 客が帰ったあと、母はその客のさわったとおぼしきものいっさいの消毒をする。

  3. 「お父さん、あのお点前をしている人……」

  4. 「そうね、わたしも料理学校に行こうかな。ね、お父さん、わたし、章子さんより先にお嫁に行きたいわ」

  5. 「ね、あなた、高砂台はあのあたりかしら」

  6. 車はいつのまにか、高砂台から観音台につづく、馬の背に似た丘の尾根を走っていた。