八歳のころから、母が家を出て行くまでの二年ほど、香也子は祖母のツネに茶を習ったことがある。

八歳のころから、母が家を出て行くまでの二年ほど、香也子は祖母のツネに茶を習ったことがある。が、長じては、茶道にも華道にも興味がなくなり、まともに香也子が習ったのはピアノだけだった。茶席の作法を香也子はよくは知らない。が、そんなことには頓着なく、香也子は正客の隣に坐った。

三浦綾子『果て遠き丘』「春の日 七」
『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 「まあ? 恵理子姉さんって、そんなに魅力的?」

  2. お手伝いの絹子が、コーヒーを持ってテラスから芝生に降りてきた。

  3. いま思うと、外から帰ってきた父が、洗面所で、

  4. それは、数日前、従兄の小山田整から、恵理子のうわさを聞いていたからだ。

  5. 玄関までの、五メートルほどの道の両側に、ピンクの芝桜が咲き、

  6. 三百坪ほどの広い庭は、なだらかに傾斜しつつ、沢の端に至っている。