人々の視線は、再び茶席に戻っている。

人々の視線は、再び茶席に戻っている。最後の客が、馴れぬ手つきで茶碗を口に持って行く。釜の前に坐っている恵理子も、いまのかん高い声を聞いていた。恵理子はいま亭主をつとめている。が、ふり返ってそのほうを見ることはしなかった。時にそんな不作法な見物客も野点の席にはくる。

三浦綾子『果て遠き丘』「春の日 七」
『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 玄関までの、五メートルほどの道の両側に、ピンクの芝桜が咲き、

  2. 香也子は二人を見ると、ついと顔をそむけた。

  3. 「もうぼくに用事がなければ失礼します」西島はきっぱりといった。

  4. 二歳年下だが、八重は凞子と時折まちがわれるほどに、背丈も顔かたちもよく似ている。

  5. 「これから一服を差しあげとう存じます」

  6. 「香也ちゃん」 たった一人の妹の名を、恵理子はそっと呼んでみる。