人々の視線は、再び茶席に戻っている。

人々の視線は、再び茶席に戻っている。最後の客が、馴れぬ手つきで茶碗を口に持って行く。釜の前に坐っている恵理子も、いまのかん高い声を聞いていた。恵理子はいま亭主をつとめている。が、ふり返ってそのほうを見ることはしなかった。時にそんな不作法な見物客も野点の席にはくる。

三浦綾子『果て遠き丘』「春の日 七」
『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 香也子が、本当に生みの母を慕っているかどうか、容一には疑問である。

  2. ほうっと、また溜息をついた時、先程の騎馬であろうか。再び地ひびきを立てて塀の外を駈け過ぎて行った。

  3. 「あら、もう章子さんの彼氏、みえる頃じゃないかしら」

  4. 「お父さん、あのお点前をしている人……」

  5. この川を隔てた向こうは

  6. 「ああ、お父さんだ」 のんびりとした容一の声がした。