「香也子よ!」 保子は母のツネにささやいた。

「香也子よ!」
保子は母のツネにささやいた。人々の注視を受けても、香也子は平然としている。
「香也子?」
「そうよ」
保子は母のツネに、体をもたせかけるようにした。
「ここを、わたしの席と知ってきたのかねえ」
「わからないわ」
保子は低く呟いた。

三浦綾子『果て遠き丘』「春の日 七」
『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 恵理子が柄杓を釜にいれた時、青年がいった。

  2. この道はめったに車は通らない。景色はいいが、あまり人に知られていない道なのだ。 「わたしねえ、こんな静かなところが好きなの」

  3. それにしても、女の命は見目形であろうか

  4. 香也子は、ひとくち汁をすすって、 「あ、そうそう。ね、お父さん。わたしね、あの時ボーイフレンドができたのよ。お茶席で、わたしの隣に正客になった人」

  5. 「お母さん、お父さんが一緒に食事をしようって。行ってもいいのかしら」 「いいわよ、お母さんも一緒に行くから」 「でも、おばあちゃんに知られたら……」

  6. 茶席を出た香也子は、桜の木陰にいる祖母と、母の保子を見出した。