扶代と章子の手を引いて、あわてて逃げ出す容一を、 「お父さん!」 と呼んだ香也子の声は、かん高かった。

扶代と章子の手を引いて、あわてて逃げ出す容一を、
「お父さん!」
と呼んだ香也子の声は、かん高かった。
野点の席を囲んで、ひそやかに言葉をかわしている人たちにとって、それは異様なほどだった。みんなの視線が香也子に注がれた。桜の木陰に控えていたツネも、保子も、腰を浮かして声の主を見た。途端に、保子の顔がさっとこわばった。ひと目で、保子はそれがわが子の香也子であることを知ったのだ。

三浦綾子『果て遠き丘』「春の日 七」
『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 母の保子は、朝起きるとすぐに掃除をはじめた。

  2. 「ね、お兄さん、わたしにもキスをして」 「えっ?」 金井は思わず口からタバコを離した。

  3. 「おとなしいところがいいんだろう。ところで、お前もお茶でも習ったらどうだ」 容一はようやく、いいたかったことをきりだした。

  4. と、丘の上に車が現れた。車は真っすぐに香也子のほうに下ってくる。見覚えのある金井政夫の車だ。

  5. 『果て遠き丘』ミニ解説  森下辰衛

  6. 玄関までの、五メートルほどの道の両側に、ピンクの芝桜が咲き、