香也子は父の手をふり払って、ふくさをつけている和服姿の中年の女にいった。

香也子は父の手をふり払って、ふくさをつけている和服姿の中年の女にいった。
「あの、わたしもお席にすわらせていただいても、いいでしょうか」
「どうぞ、どうぞ。もうこの方たちがお立ちになりますから、こちらでお待ちくださいませ」
香也子の前に、青年が一人立っていた。背の高い青年だった。青年が微笑を浮かべて、恵理子のほうを見つめていた。香也子は父のほうをふり返った。父は扶代と章子の手を引っ張るようにして、群から離れて行くところだった。
「お父さん」
香也子は無邪気に呼んだ。

三浦綾子『果て遠き丘』「春の日 六」
『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 正客への茶を点て終って、恵理子はいま、次の客への茶を点て終っていた。

  2. 五月も十日に近い日曜の午後。

  3. 容一が保子の潔癖性に手を焼いたのは事実だった。

  4. 父の橋宮容一は、後妻の扶代と、そのつれ子の章子を家にいれた。

  5. 子供のように勢いよく走って行く香也子のうしろ姿を、西島広之は微笑して見送った。

  6. ガラシャ夫人の名を、はじめてわたしが聞いたのはいつの頃であったろうか。