香也子は父の手をふり払って、ふくさをつけている和服姿の中年の女にいった。

香也子は父の手をふり払って、ふくさをつけている和服姿の中年の女にいった。
「あの、わたしもお席にすわらせていただいても、いいでしょうか」
「どうぞ、どうぞ。もうこの方たちがお立ちになりますから、こちらでお待ちくださいませ」
香也子の前に、青年が一人立っていた。背の高い青年だった。青年が微笑を浮かべて、恵理子のほうを見つめていた。香也子は父のほうをふり返った。父は扶代と章子の手を引っ張るようにして、群から離れて行くところだった。
「お父さん」
香也子は無邪気に呼んだ。

三浦綾子『果て遠き丘』「春の日 六」
『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 三百坪ほどの広い庭は、なだらかに傾斜しつつ、沢の端に至っている。

  2. 炎を見つめながら、恵理子はそのとき、そんなことを思っていた。

  3. 「卓球ができれば、立派なもんですよ。わたしは自転車にも乗れない」

  4. 「手があがったかね」コップにビールを注いでやりながら、容一がいう。

  5. じっと恵理子を見つめている香也子の姿を、ツネと保子が息を殺して眺めている。

  6. 章子は立ちあがって、 「あ、香也ちゃん、すみません」 と、盆を受けとろうとした。