あの時よりいちだんと娘らしくなった恵理子が、顔をうつむけて茶を点てている。

あの時よりいちだんと娘らしくなった恵理子が、顔をうつむけて茶を点てている。緋の毛氈が顔に映って、恵理子の顔は幾分バラ色になっていた。
「帰ろう」
あわてて容一は香也子の手をひいた。気づくと、ツネも保子も赤いふくさを帯じめにはさんで、弟子らしい娘たちと談笑している。こちらは扶代と章子をつれている。
(とんだ鉢合わせだ)
何も扶代と章子を、保子に見せつけることはないのだ。が、香也子はいった。
「わたし、お茶をいただきたいの」
「香也子!」
容一はあわてた。

三浦綾子『果て遠き丘』「春の日 六」
『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 義父の容一にニヤリと笑われて、章子は耳まで真っ赤にした。

  2. 「まあ? 恵理子姉さんって、そんなに魅力的?」

  3. 物語を〈聴く〉という、発見  田中綾

  4. ガラシャ夫人の名を、はじめてわたしが聞いたのはいつの頃であったろうか。

  5. 「西島さん、やっぱり姉のこと、好きみたいね。姉も不幸せなのよ。あなたが幸せにしてくださったら、うれしいわ」

  6. 「あのう、お姉さま」 凞子の傍らに八重は腰をおろした。