あの時よりいちだんと娘らしくなった恵理子が、顔をうつむけて茶を点てている。

あの時よりいちだんと娘らしくなった恵理子が、顔をうつむけて茶を点てている。緋の毛氈が顔に映って、恵理子の顔は幾分バラ色になっていた。
「帰ろう」
あわてて容一は香也子の手をひいた。気づくと、ツネも保子も赤いふくさを帯じめにはさんで、弟子らしい娘たちと談笑している。こちらは扶代と章子をつれている。
(とんだ鉢合わせだ)
何も扶代と章子を、保子に見せつけることはないのだ。が、香也子はいった。
「わたし、お茶をいただきたいの」
「香也子!」
容一はあわてた。

三浦綾子『果て遠き丘』「春の日 六」
『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 物語を〈聴く〉という、発見  田中綾

  2. 正客への茶を点て終って、恵理子はいま、次の客への茶を点て終っていた。

  3. ツネの眉が、けわしく上がっている。恵理子はふっと、わが祖母ながら、芝居に出てくる小意地の悪い奥女中を見る感じがして、ツネから目をそらせた。

  4. 「あら、もう章子さんの彼氏、みえる頃じゃないかしら」

  5. 香也子が、本当に生みの母を慕っているかどうか、容一には疑問である。

  6. 香也子が先に立ち、橋宮容一と妻の扶代、そしてその娘の章子があとにつづく。