容一は、恵理子の高校の卒業式に扶代にかくれて出席した。

容一は、恵理子の高校の卒業式に扶代にかくれて出席した。そのとき、僅か二、三分だったが、容一は恵理子と言葉をかわした。真珠の首飾りを恵理子に渡しながら、容一は、
「お父さんに用事があるときは、いつでも会社に電話しなさい」
といった。恵理子はうれしそうにうなずいて、傍の保子をふり返った。そのときの恵理子の素直な態度を見て、容一は父親らしい喜びを感じた。が、恵理子から容一に電話がかかってきたことはなかった。

三浦綾子『果て遠き丘』「春の日 六」
『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. が、近ごろは、なぜか時おり父がふと懐かしくなる。

  2. 助手台に乗っていた祖母のツネが、うしろの保子と恵理子をふり返っていった。

  3. 車はいつのまにか、高砂台から観音台につづく、馬の背に似た丘の尾根を走っていた。

  4. 二歳年下だが、八重は凞子と時折まちがわれるほどに、背丈も顔かたちもよく似ている。

  5. 恵理子の立つ、川一つ隔てたこの道には、

  6. 章子は立ちあがって、 「あ、香也ちゃん、すみません」 と、盆を受けとろうとした。