中学に入学するとき、恵理子はセーラー服をつくってもらった。

中学に入学するとき、恵理子はセーラー服をつくってもらった。
香也子は、その入学式当日の朝のことを、はっきりと覚えている。セーラ服を着た恵理子が、
「お母さん!」
と悲鳴をあげた。駆けつけた保子が、ひだにしたがって切られたそのスカートを見て、
「香也子!」
と、香也子を睨んだ。
「なあに」
香也子はスカートを見て、
「まあひどい。どうしたの、そのスカート」
と白ばくれた。が、そのとき、保子と恵理子が自分を見た眼の冷たさは、いまも香也子の胸にはっきりと刻み込まれている。自分が悪かったとしても、あの眼の冷たさは、香也子にとっては、ひど過ぎる刑罰に思われた。

三浦綾子『果て遠き丘』「春の日 六」
『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 金井が、香也子の両頬を手で挟んだ。そしてそっと唇を近づけようとした時だった。うしろで、けたたましくクラクションが鳴った。

  2. 「おばあちゃんは、お茶の先生でしょ」

  3. 「ね、お父さん。で、もう決まってしまったの」

  4. 橋宮容一は、小料理屋菊天の一室に保子を待っていた。

  5. 香也子が先に立ち、橋宮容一と妻の扶代、そしてその娘の章子があとにつづく。

  6. 茶席を出た香也子は、桜の木陰にいる祖母と、母の保子を見出した。