恵理子の着ふるしを、香也子はよく着せられた。

恵理子の着ふるしを、香也子はよく着せられた。
「恵理子は、物を大事にするので助かるわ」
そういいながら、母の保子が香也子にセーターを着せてくれたことがあった。そのとき香也子は、そんなことをいう母の保子と、物を大事にする恵理子を、ひどく憎んだ。橋宮の家は、恵理子と香也子の二人だけのきょうだいである。香也子に恵理子のお下がりを着せなければならぬ経済状態ではなかった。が、保子は、さして古くもならないセーターやスカートを、香也子に着せることを当然のことと思っていた。正月や祭り以外には、香也子に新しいものを買うことはなかった。

三浦綾子『果て遠き丘』「春の日 六」
『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 「ああ、お父さんだ」 のんびりとした容一の声がした。

  2. と、ビールを飲みながら、ふっと笑って、 「いやですねえ。昔の話をむし返して。

  3. 「ね、お父さん。で、もう決まってしまったの」

  4. 父の橋宮容一は、後妻の扶代と、そのつれ子の章子を家にいれた。

  5. 金井政夫は、運動ならスキーでも、野球でも、ホッケーでもやるといった感じの、スポーツ青年に見えた。

  6. 「お母さん、ただいま」 「あら、帰ってきたの」