恵理子と別れたのは、香也子が十歳のときだった。

恵理子と別れたのは、香也子が十歳のときだった。恵理子は十三になっていた。中学一年だった。香也子の思い出の中にある恵理子は、とりたてて非難のしようのない姉だった。香也子に帽子を編んでくれたことがある。勉強をみてくれたことがある。スキーにもつれて行ってくれた。一緒にままごと遊びもした。それでいて香也子は、いつも恵理子を不満に思っていた。それは、恵理子が姉であり、自分が妹であるという事実だった。

三浦綾子『果て遠き丘』「春の日 六」
『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 金井はいま、思いきって橋宮容一に、章子との交際を求めたばかりなのだ。

  2. 容一が保子の潔癖性に手を焼いたのは事実だった。

  3. 恵理子は焼却炉のそばを離れたかったが、燃えつきるまでそばについているように、常々保子からいわれている。

  4. 「式のことだがねえ、金井君」 そんないきさつを知る筈もなく、容一がいった。

  5. 神社のほうに、何かを囲んで人々が群れていた。その群れの中に和服姿の若い娘たちが二十人ほどいる。

  6. 二人は顔を見合わせて、椅子に腰をおろした。 「これで第一関門はパスしたようだね」