香也子は今朝、新聞をひらき、そこに、五、六行の小さな記事を見て胸をとどろかせた。

香也子は今朝、新聞をひらき、そこに、五、六行の小さな記事を見て胸をとどろかせた。それは、藤戸ツネが旭山において野点の会をするという記事だった。藤戸ツネは、香也子の母の母だ。つまり、香也子にとって祖母である。その茶会には、恐らく母の保子も、娘の恵理子もきているにちがいない。香也子は、今日が恵理子に会う機会だと思った。香也子は、保子よりも、姉の恵理子を見たかったのだ。

三浦綾子『果て遠き丘』「春の日 六」
『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 「まあ? 恵理子姉さんって、そんなに魅力的?」

  2. 容一は、恵理子の高校の卒業式に扶代にかくれて出席した。

  3. 「茶道教授 藤戸ツネ」と書いた看板

  4. 「これから一服を差しあげとう存じます」

  5. 「ハ、ぼくは章子さんのいいように」 と、金井は容一のほうに頭をさげた。その金井に香也子が何かいおうとした時、整がいった。

  6. 「混むかねえ、この天気だと」