神社の下の大きな桜の木の下に、赤い毛氈が敷かれ、野点が催されていた。

神社の下の大きな桜の木の下に、赤い毛氈が敷かれ、野点が催されていた。桜の幹に「薫風」と墨書された短冊が貼られ、クリーム色の地にみどりの葉を散らしたつけさげを着た娘が、うしろ向きに茶をたてている姿が見えた。
「お茶よ、お父さん」
しっかりと容一の手をとったまま、香也子は人をかきわけるようにして、毛氈に近づく。

三浦綾子『果て遠き丘』「春の日 六」
『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 香也子は椅子ごと、ぐいと扶代と章子のほうを向いた。

  2. 「見事だねえ。恵理子」

  3. 思わず立ちあがった橋宮容一は、こちらに向かってまっすぐ歩いてくる香也子に、一瞬弱々しい微笑を向けた。が、香也子は、唇をキュッと閉じ、容一と恵理子を無視して、テーブルに近づいてきた。

  4. そうかしら。女はただの顔見知りの人に、あんなに顔を赤くはしないわ。

  5. 静かに戸をあける。鈴がリンリンと澄んだ音を立てた。

  6. 「あら、もう章子さんの彼氏、みえる頃じゃないかしら」