神社の下の大きな桜の木の下に、赤い毛氈が敷かれ、野点が催されていた。

神社の下の大きな桜の木の下に、赤い毛氈が敷かれ、野点が催されていた。桜の幹に「薫風」と墨書された短冊が貼られ、クリーム色の地にみどりの葉を散らしたつけさげを着た娘が、うしろ向きに茶をたてている姿が見えた。
「お茶よ、お父さん」
しっかりと容一の手をとったまま、香也子は人をかきわけるようにして、毛氈に近づく。

三浦綾子『果て遠き丘』「春の日 六」
『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 「西島さん、やっぱり姉のこと、好きみたいね。姉も不幸せなのよ。あなたが幸せにしてくださったら、うれしいわ」

  2. 2019(令和元)年 6月18日:オーディオライブラリーがポッドキャストでも楽しめるように

  3. 「そうか、ぼくは、あの人は何不自由なく育った幸せな人かと思った。そうか、お父さんがおられなかったのか」

  4. あのポプラの右手に

  5. 橋宮容一は、小料理屋菊天の一室に保子を待っていた。

  6. そのときも、恵理子は焼却炉にゴミを捨て、いつものようにマッチで火をつけた。