「まあ、すてき!」 崖ぶちのあずまやにはいった香也子が叫んだ。

「まあ、すてき!」
崖ぶちのあずまやにはいった香也子が叫んだ。
いきなり眼下から、上川盆地が開けていた。水のはいった田の面が、鏡をはめこんだようだ。その無数の鏡が、遠く北に及び、点在する赤や青の農家の屋根が美しい。

三浦綾子『果て遠き丘』「春の日 六」
『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 新芽のけぶる木の間越しに、旭山の裏手の山々が見える。

  2. 金井が、香也子の両頬を手で挟んだ。そしてそっと唇を近づけようとした時だった。うしろで、けたたましくクラクションが鳴った。

  3. 2019(令和元)年 6月18日:オーディオライブラリーがポッドキャストでも楽しめるように

  4. 容一が保子の潔癖性に手を焼いたのは事実だった。

  5. 正客への茶を点て終って、恵理子はいま、次の客への茶を点て終っていた。

  6. ふっと恵理子は時計を見た。もう十二時半だ。川向こうを見る。やはり青年はきていない。と、その時、「恵理子、お電話よ」 と呼ぶ、母の保子の声がした。