ジンギスカン鍋をつついている者、輪になって歌をうたっている者、桜の花の下には、何十組とも知れぬ人の群があった。

ジンギスカン鍋をつついている者、輪になって歌をうたっている者、桜の花の下には、何十組とも知れぬ人の群があった。
「桜の中のこぶしがきれいね」
ふくべらの花を手に、章子が木々を見あげた。
「桂の新芽もきれいよ」
「先月、東京で見た桜とは、だいぶちがうな。あっちの桜は白くてね。桜色が少ないんだよ」
「あら、白いの、お父さん。じゃ、こぶしみたいじゃない」
香也子はいいながら、目で何かを探していた。

三浦綾子『果て遠き丘』「春の日 六」
『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 恵理子の立つ、川一つ隔てたこの道には、

  2. 車はいつのまにか、高砂台から観音台につづく、馬の背に似た丘の尾根を走っていた。

  3. 「いま、お兄さん、好きな人ができたらって、おっしゃったわね。じゃ、その好きな人がお兄さんだったら、どうするの」 「え?」

  4. 「そんなこといったって……」 「ね、お兄さん。わたし、結婚してもらわなくてもいいの。ただ一度だけ、キスをしてほしいの。ただ、それだけなの」

  5. 旭山は、恵理子たちの家から車で二十分ほどのところにある美しい小山である。

  6. 母の保子は、朝起きるとすぐに掃除をはじめた。