「まあ、きれい!」 思わず恵理子は声をあげた。

「まあ、きれい!」
思わず恵理子は声をあげた。
「毎年見ていても、この山の桜はきれいだねえ」
上機嫌にツネはいう。ござをかついだり、重箱をぶらさげたりした人々が山をぞろぞろ登り降りしている。車はようやく駐車場に着いた。露店がずらりとあたりに並び、錦飴や、お面、いか焼き、バナナなどを売っている。三人は、ひときわ濃い桜の大樹の下に降り立った。迎えに出ていたツネの弟子たちが、二、三人、すぐに寄ってきた。

三浦綾子『果て遠き丘』「春の日 五」
『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 「何を考えていたんだ」

  2. 「あの……わたし、いまお茶を点てていた恵理子の妹なんです」

  3. 「式のことだがねえ、金井君」 そんないきさつを知る筈もなく、容一がいった。

  4. 「ご機嫌いかがですかな、香也子嬢」

  5. と、その時電話のベルが鳴った。ハッとしたように章子が受話器を取った。 「もしもし、橋宮でございます。あら、政夫さん?」

  6. 曇った空の下に、郭公の声がしきりにする。 もう十時だというのに、香也子はネグリジェのまま、一時間も前から三面鏡に向かって化粧していた。