「見事だねえ。恵理子」

「見事だねえ。恵理子」
ツネがいった。その声にハッとわれに返って、恵理子は車の外を見た。旭山から帰る車が数珠つなぎになっていた。車はもう、旭山の麓にきていた。警官が鋭く笛を鳴らしながら、人と車をさばいていた。恵理子たちの車は、麓の橋の上でしばらく待たされ、やがてのろのろと山に登って行った。あでやかな濃い桜が、山の斜面にいっぱいに咲き匂っている。

三浦綾子『果て遠き丘』「春の日 五」
『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. と、丘の上に車が現れた。車は真っすぐに香也子のほうに下ってくる。見覚えのある金井政夫の車だ。

  2. 「お父さん、あのお点前をしている人……」

  3. 金井はいま、思いきって橋宮容一に、章子との交際を求めたばかりなのだ。

  4. そんな容一に、保子から電話がきた時、容一はわれにもなく心がゆらいだ。

  5. 「混むかねえ、この天気だと」

  6. 旭山は、恵理子たちの家から車で二十分ほどのところにある美しい小山である。