その次の日も、同じ時刻、向こう岸に青年を見た。

その次の日も、同じ時刻、向こう岸に青年を見た。が、それは二階の恵理子の部屋からだった。そして昨日の水曜日にまた恵理子は、青年を見かけたのだった。青年は、昼休みに、あの川岸でギターを楽しんでいるようだった。
(どうして同じところに……)
恵理子は、青年が自分に会うのを期待して、恵理子の家のすぐ向こうに現れるような気がした。そう考えることはうぬぼれのような気もした。会うのを期待しているのは、自分のほうかもしれないと、すぐに恵理子は思い返してみた。

三浦綾子『果て遠き丘』「春の日 五」
『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 2019(令和元)年 6月18日:オーディオライブラリーがポッドキャストでも楽しめるように

  2. 出稽古から帰ってきたツネのきものを、保子はたたみながら、 「ねえ、お母さん」 と、顔を向けずにいう。

  3. あの時よりいちだんと娘らしくなった恵理子が、顔をうつむけて茶を点てている。

  4. 香也子の、継母を母と呼ばず、そのつれ子の章子を姉と呼ばぬ心情は、単なる継母や義姉への抵抗だけではなかった。

  5. 客が帰ったあと、母はその客のさわったとおぼしきものいっさいの消毒をする。

  6. そのときも、恵理子は焼却炉にゴミを捨て、いつものようにマッチで火をつけた。