駆けこむように家にはいってから、恵理子は自分の感情の動きにふっと笑い出したくなった。

駆けこむように家にはいってから、恵理子は自分の感情の動きにふっと笑い出したくなった。昨日までは見も知らなかった青年に、ガールフレンドがいようがいまいが、自分には関わりのないことではないか。すねたように青年に背を向けていた自分が、ひどくこっけいに思われた。
(言葉をかわしたこともないのに)

三浦綾子『果て遠き丘』「春の日 五」
『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. お手伝いの絹子が、コーヒーを持ってテラスから芝生に降りてきた。

  2. 三百坪ほどの広い庭は、なだらかに傾斜しつつ、沢の端に至っている。

  3. 襖があいた。ふとったおかみが、 「社長さん、焼けぼっくいに火ですか」 と、銚子をテーブルに置いた。

  4. 「ね、お父さん。で、もう決まってしまったの」

  5. それは、数日前、従兄の小山田整から、恵理子のうわさを聞いていたからだ。

  6. いま思うと、外から帰ってきた父が、洗面所で、