駆けこむように家にはいってから、恵理子は自分の感情の動きにふっと笑い出したくなった。

駆けこむように家にはいってから、恵理子は自分の感情の動きにふっと笑い出したくなった。昨日までは見も知らなかった青年に、ガールフレンドがいようがいまいが、自分には関わりのないことではないか。すねたように青年に背を向けていた自分が、ひどくこっけいに思われた。
(言葉をかわしたこともないのに)

三浦綾子『果て遠き丘』「春の日 五」
『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 茶席を出た香也子は、桜の木陰にいる祖母と、母の保子を見出した。

  2. 「…………」  香也子は向かいの山を眺めながら何か考えているふうだった。

  3. 「あら、そう。まだ恋人ってわけじゃないの。そうなの」

  4. 恵理子が柄杓を釜にいれた時、青年がいった。

  5. その翌日のことだった。保子にいわれて、恵理子はゴミを焼きに外に出た。

  6. あのポプラの右手に