炎を見つめながら、恵理子はそのとき、そんなことを思っていた。

炎を見つめながら、恵理子はそのとき、そんなことを思っていた。と、ふと向こう岸を見ると、そこに再びあの青年を見た。一時近かった。青年は前の日のように、恵理子を見つめていた。恐らく恵理子の気づく以前から、ずっと見つめつづけていたにちがいない。そんなまなざしだった。
青年は微笑して、軽く頭をさげた。恵理子も会釈したが、すぐに視線をはずした。前日、青年が若い女性と、肩を並べて歩いて行く姿を見たからだ。

三浦綾子『果て遠き丘』「春の日 五」
『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 同じ日。橋宮容一は、庭のテーブルでコーヒーを飲みながら、

  2. 「おいしいわ。とってもおいしいわ」 香也子がいった。テーブルの上には、牛肉とピーマンと地物の筍のいため煮、毛蟹を使ったフーヨーハイ、それに容一の好きな八宝菜、酢ブタなどがいっぱいに並べられている。

  3. 「あの……」追いついて口ごもった香也子に、青年はふり返った。

  4. 神社の下の大きな桜の木の下に、赤い毛氈が敷かれ、野点が催されていた。

  5. あけ放った窓から、木工団地の工場の機械のうなりが、絶えず低くひびいてくる。 恵理子は、頼まれたスーツの裾をまつっている。

  6. 西に広がる旭川は、数えるほどしかビルのない平たい街だ。