そのときも、恵理子は焼却炉にゴミを捨て、いつものようにマッチで火をつけた。

そのときも、恵理子は焼却炉にゴミを捨て、いつものようにマッチで火をつけた。レモン色の炎を見つめながら、恵理子は母の保子が哀れになっていた。あの病的な潔癖さがなければ、母の人生はもっと平穏であったろうと思う。恵理子も、父や妹と別れずに、平和な毎日を送れただろうと思う。保子は潔癖なわりに、ギスギスしてはいない。ふだんは静かなものいいをするやさしい母なのだ。料理も上手だ。

三浦綾子『果て遠き丘』「春の日 五」
『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. が、近ごろは、なぜか時おり父がふと懐かしくなる。

  2. そうかしら。女はただの顔見知りの人に、あんなに顔を赤くはしないわ。

  3. ガラシャ夫人の名を、はじめてわたしが聞いたのはいつの頃であったろうか。

  4. 母が父と別れたのは、父に女ができたからだと聞かされていた。

  5. 父の橋宮容一は、後妻の扶代と、そのつれ子の章子を家にいれた。

  6. 容一は立ちあがり、 「ま、この後は君たち二人で……な、扶代」