車は次第に旭山に近づく。

車は次第に旭山に近づく。恵理子は思うともなく、またあの青年を思っていた。名前は知らない。青年は突如として恵理子の前に現れたのだ。最初は日曜日だった。恵理子がイタリヤポプラの幹によりかかって、大雪山を見つめていたとき、誰かの視線を強く感じてふり返った。そのとき青年は、川向こうのタンポポの中に、ギターを抱いてすわっていた。

三浦綾子『果て遠き丘』「春の日 五」
『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 二人は顔を見合わせて、椅子に腰をおろした。 「これで第一関門はパスしたようだね」

  2. 静かに戸をあける。鈴がリンリンと澄んだ音を立てた。

  3. 香也子は父の手をふり払って、ふくさをつけている和服姿の中年の女にいった。

  4. 「帰ってきて、うがいをしたの? 手は?」

  5. この道はめったに車は通らない。景色はいいが、あまり人に知られていない道なのだ。 「わたしねえ、こんな静かなところが好きなの」

  6. 「ああ、お父さんだ」 のんびりとした容一の声がした。