「どうも、突拍子もない子でねえ。驚いたでしょう、金井君」

「どうも、突拍子もない子でねえ。驚いたでしょう、金井君」
容一は大島のたもとからタバコを取り出しながらいった。
「いえ、はきはきしていて、気持ちがいいです」
「ほんとに香也子は、はきはきしてますのよ」
のんびりした口調で扶代がいった。それは香也子を肯定している語調だった。章子はちらりと不満そうに母を見た。
(金井さんは、はきはきしている人が好きなのかしら)

三浦綾子『果て遠き丘』「春の日 四」
『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. クレンジングクリームをガーゼでぬぐい、化粧水をふくませた脱脂綿でごしごし拭いている時、ドアをノックする音が聞こえた。

  2. 「あら、もう章子さんの彼氏、みえる頃じゃないかしら」

  3. 襖があいた。ふとったおかみが、 「社長さん、焼けぼっくいに火ですか」 と、銚子をテーブルに置いた。

  4. 同じ日。橋宮容一は、庭のテーブルでコーヒーを飲みながら、

  5. 容一は立ちあがり、 「ま、この後は君たち二人で……な、扶代」

  6. 「やっぱり、馬子にも衣装よ」