香也子がいった。 「あら、婚約じゃないの? まだ結婚するかどうか、わからないの」

香也子がいった。
「あら、婚約じゃないの? まだ結婚するかどうか、わからないの」
驚いたように、香也子はいった。その声に、二人の結婚を心から望んでいるような、愛らしさがあふれていた。
香也子は、ぱっと立ちあがった。そしていった。
「金井さん、わたし、あなたみたいなお兄さんができるの、うれしいわ。だって、わたしにはお兄さんがいないんですもの。思いっきり甘えてもいい?」
「はあ」
金井はそれが癖らしく、また頭をかいた。金井は、こんな少女を手際よく扱えるほど、女にすれてはいないようだった。香也子はうれしそうに、応接間を出て行った。

三浦綾子『果て遠き丘』「春の日 四」
『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. それは、数日前、従兄の小山田整から、恵理子のうわさを聞いていたからだ。

  2. 「まあ? 恵理子姉さんって、そんなに魅力的?」

  3. 香也子は、化粧の仕上がった顔を、さっきから鏡に近づけたり離したりして、眺めている。

  4. 香也子は椅子ごと、ぐいと扶代と章子のほうを向いた。

  5. 父の橋宮容一は、後妻の扶代と、そのつれ子の章子を家にいれた。

  6. ガラシャ夫人の名を、はじめてわたしが聞いたのはいつの頃であったろうか。