香也子がいった。 「あら、婚約じゃないの? まだ結婚するかどうか、わからないの」

香也子がいった。
「あら、婚約じゃないの? まだ結婚するかどうか、わからないの」
驚いたように、香也子はいった。その声に、二人の結婚を心から望んでいるような、愛らしさがあふれていた。
香也子は、ぱっと立ちあがった。そしていった。
「金井さん、わたし、あなたみたいなお兄さんができるの、うれしいわ。だって、わたしにはお兄さんがいないんですもの。思いっきり甘えてもいい?」
「はあ」
金井はそれが癖らしく、また頭をかいた。金井は、こんな少女を手際よく扱えるほど、女にすれてはいないようだった。香也子はうれしそうに、応接間を出て行った。

三浦綾子『果て遠き丘』「春の日 四」
『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 近づいてきた金井は、小さくクラクションを鳴らした。驚いたように香也子は目を見張り、車から顔を出した金井政夫をみつめた。

  2. 「あら、もう章子さんの彼氏、みえる頃じゃないかしら」

  3. 章子は再び帯のあたりに手をやった。

  4. 「茶道教授 藤戸ツネ」と書いた看板

  5. 旭山は、恵理子たちの家から車で二十分ほどのところにある美しい小山である。

  6. 思わず立ちあがった橋宮容一は、こちらに向かってまっすぐ歩いてくる香也子に、一瞬弱々しい微笑を向けた。が、香也子は、唇をキュッと閉じ、容一と恵理子を無視して、テーブルに近づいてきた。