章子は立ちあがって、 「あ、香也ちゃん、すみません」 と、盆を受けとろうとした。

章子は立ちあがって、
「あ、香也ちゃん、すみません」
と、盆を受けとろうとした。
「いいわよ。わたしがするわ」
香也子は、自分を見ようともしない金井を見ながら、少し切口上にいった。
その様子に容一はあわてて、
「ああ、金井君、これはわしの娘の香也子です。香也子、金井君だよ」
「は、金井です」
香也子と聞いて、金井はあわてて立ちあがった。香也子を見た金井の顔に微笑が浮かんだ。香也子の表情が、ひどく子供っぽく見えたのだ。

三浦綾子『果て遠き丘』「春の日 四」
『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. お手伝いの絹子が、コーヒーを持ってテラスから芝生に降りてきた。

  2. 恵理子は器用に、スーツの裾をまつっていく。驚くほどの早さであり、驚くほどのうまさである。グリーンのこのスーツの主は、高校時代の友人だ。

  3. 「ここの中華料理はうまいね。実はこの前の日曜日、うちに客があってね。中華料理の手づくりをご馳走したんだ。それが意外とうまくてね。お前たちに食べさせてやりたいと思ったもんだから……」 「どなたがおつくりになったの」

  4. 「あの……」追いついて口ごもった香也子に、青年はふり返った。

  5. 人々の視線は、再び茶席に戻っている。

  6. ガラシャ夫人の名を、はじめてわたしが聞いたのはいつの頃であったろうか。