章子は立ちあがって、 「あ、香也ちゃん、すみません」 と、盆を受けとろうとした。

章子は立ちあがって、
「あ、香也ちゃん、すみません」
と、盆を受けとろうとした。
「いいわよ。わたしがするわ」
香也子は、自分を見ようともしない金井を見ながら、少し切口上にいった。
その様子に容一はあわてて、
「ああ、金井君、これはわしの娘の香也子です。香也子、金井君だよ」
「は、金井です」
香也子と聞いて、金井はあわてて立ちあがった。香也子を見た金井の顔に微笑が浮かんだ。香也子の表情が、ひどく子供っぽく見えたのだ。

三浦綾子『果て遠き丘』「春の日 四」
『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 神社の下の大きな桜の木の下に、赤い毛氈が敷かれ、野点が催されていた。

  2. 青年はギターを膝に抱え、

  3. 物語を〈聴く〉という、発見  田中綾

  4. 容一が保子の潔癖性に手を焼いたのは事実だった。

  5. 「もしもし、お兄さん? わたしよ。香也子よ」 甘い声を香也子は出す。 「ああ、香也子さんですか。いけませんよ、章子さんのそばで電話をしたりしちゃ」

  6. 「どうした。コーヒーを飲まないのかい」