いい終わらぬうちに、ドアをノックしてはいってきたのは、香也子だった。

いい終わらぬうちに、ドアをノックしてはいってきたのは、香也子だった。香也子は銀盆の上にフルーツポンチを運んできたのだ。
「いらっしゃいませ」
香也子の口もとにかわいい笑くぼができた。金井は黙って頭をさげた。はいってきたのはここの家の娘なのか、お手伝いなのか、確かめる心のゆとりもなかった。せっかくの話の腰を折られたのだ。金井はじっと自分の膝頭を見ている。

三浦綾子『果て遠き丘』「春の日 四」
『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 沢を隔てた向かいの山が、日一日と鮮やかな芽吹きを見せてきている。

  2. 「どうも、突拍子もない子でねえ。驚いたでしょう、金井君」

  3. 恵理子は洗面所を出ると、二階の自分の部屋にあがって行った。

  4. 半東の弟子が水差しを運んできた。

  5. 章子は立ちあがって、 「あ、香也ちゃん、すみません」 と、盆を受けとろうとした。

  6. 容一は立ちあがり、 「ま、この後は君たち二人で……な、扶代」