いい終わらぬうちに、ドアをノックしてはいってきたのは、香也子だった。

いい終わらぬうちに、ドアをノックしてはいってきたのは、香也子だった。香也子は銀盆の上にフルーツポンチを運んできたのだ。
「いらっしゃいませ」
香也子の口もとにかわいい笑くぼができた。金井は黙って頭をさげた。はいってきたのはここの家の娘なのか、お手伝いなのか、確かめる心のゆとりもなかった。せっかくの話の腰を折られたのだ。金井はじっと自分の膝頭を見ている。

三浦綾子『果て遠き丘』「春の日 四」
『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. が、近ごろは、なぜか時おり父がふと懐かしくなる。

  2. 絹子が去ってから、整がいった。 「章子ちゃんの恋人だろう、くるのは?

  3. 恵理子は焼却炉のそばを離れたかったが、燃えつきるまでそばについているように、常々保子からいわれている。

  4. それは、数日前、従兄の小山田整から、恵理子のうわさを聞いていたからだ。

  5. 物語を〈聴く〉という、発見  田中綾

  6. 神社のほうに、何かを囲んで人々が群れていた。その群れの中に和服姿の若い娘たちが二十人ほどいる。