ひとしきり雑談のつづいたあと、言葉が途絶えた。

ひとしきり雑談のつづいたあと、言葉が途絶えた。容一が、小浜亀角の大雪山の絵に目をやり、扶代と章子は花瓶のチューリップに目をやった。金井は何かいいたげだった。金井がひときわ緊張した表情になり、両膝に手をおいた。容一も扶代も章子も、その金井に目をやった。
「あの、実はぼく、章子さんとおつきあいを……結婚を前提としてのおつきあいをおねがいしたいと思って……」

三浦綾子『果て遠き丘』「春の日 四」
『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 正門は重々しい鉄柵の門扉に閉ざされ、

  2. 「もしもし、お兄さん? わたしよ。香也子よ」 甘い声を香也子は出す。 「ああ、香也子さんですか。いけませんよ、章子さんのそばで電話をしたりしちゃ」

  3. 西に広がる旭川は、数えるほどしかビルのない平たい街だ。

  4. 駆けこむように家にはいってから、恵理子は自分の感情の動きにふっと笑い出したくなった。

  5. 「いつかねえ、旭山で恵理子のきもの姿を見たよ。いい娘になったね」 「…………」 「どうだね、一度お父さんと食事でもしないかね」 「……ハイ……でも」

  6. 香也子は二人を見ると、ついと顔をそむけた。