ひとしきり雑談のつづいたあと、言葉が途絶えた。

ひとしきり雑談のつづいたあと、言葉が途絶えた。容一が、小浜亀角の大雪山の絵に目をやり、扶代と章子は花瓶のチューリップに目をやった。金井は何かいいたげだった。金井がひときわ緊張した表情になり、両膝に手をおいた。容一も扶代も章子も、その金井に目をやった。
「あの、実はぼく、章子さんとおつきあいを……結婚を前提としてのおつきあいをおねがいしたいと思って……」

三浦綾子『果て遠き丘』「春の日 四」
『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 「これから一服を差しあげとう存じます」

  2. 二月初めのある夕べ、凞子は突如悪寒がしたかと思うと、たちまち高熱を発して床に臥した。

  3. 「旭山の桜は、もうすっかり散ったでしょうね」 「何をいっているんだよ。一週間も前に散ったんじゃないのかい」

  4. むろん、いまの妻扶代の、善意でのびやかな性格もいい。

  5. 義父の容一にニヤリと笑われて、章子は耳まで真っ赤にした。

  6. 車はいつのまにか、高砂台から観音台につづく、馬の背に似た丘の尾根を走っていた。