「…………」  香也子は向かいの山を眺めながら何か考えているふうだった。

「…………」
香也子は向かいの山を眺めながら何か考えているふうだった。
「今度、香也ちゃんをつれてってやろうか」
香也子は鋭く整を見、
「冗談じゃないわ。わたしを置きざりにして行ったお母さんなんか、まっぴらよ」
切りつけるような語調だった。
「なあるほど、そういうご心境ですか。ま、無理もないな」
何かいおうとしたが、整はそういった。

三浦綾子『果て遠き丘』「春の日 三」
『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. そんな容一に、保子から電話がきた時、容一はわれにもなく心がゆらいだ。

  2. その次の日も、同じ時刻、向こう岸に青年を見た。

  3. 「少し白髪が……」と、保子はやさしく容一を眺めた。

  4. 香也子が、本当に生みの母を慕っているかどうか、容一には疑問である。

  5. 「式のことだがねえ、金井君」 そんないきさつを知る筈もなく、容一がいった。

  6. 鳶の啼く声に、小山田整が空を見あげていった。