「おばあちゃんは、お茶の先生でしょ」

「おばあちゃんは、お茶の先生でしょ」
「旭川では、偉いお茶の先生だってね、あのおばあちゃん。しかし、気さくないいおばあちゃんだよ。自分の机の上に、長谷川一夫の覆面のブロマイドを飾ったりしてさ。死んだじいさんの仏壇になんか、ここ何年も手を合わせないって話だよ」
「あら、どうして?」
「じいさんの女遊びに、ひどい苦労をさせられたからだってさ。死んだって恨みは消えないんだそうだ。死んだじいさんのほうで、仏壇の中からあたしを拝めなんてさ、元気がいいよ、あのおばあちゃんは」

三浦綾子『果て遠き丘』「春の日 三」
『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 子供のように勢いよく走って行く香也子のうしろ姿を、西島広之は微笑して見送った。

  2. 「そうか、ぼくは、あの人は何不自由なく育った幸せな人かと思った。そうか、お父さんがおられなかったのか」

  3. 「大変な人ねえ」 扶代が楽しげにいった。

  4. 章子は再び帯のあたりに手をやった。

  5. 正客への茶を点て終って、恵理子はいま、次の客への茶を点て終っていた。

  6. 「香也ちゃん」 たった一人の妹の名を、恵理子はそっと呼んでみる。