「まあ? 恵理子姉さんって、そんなに魅力的?」

「まあ? 恵理子姉さんって、そんなに魅力的?」
「だろうな。理知的で、やさしくてきれいで……」
「もういいわ」
「怒ることはないだろう。君の姉さんのことをほめてるんだよ」
「整さん、すべての女性は、わたしのライバルに変わり得るのよ」
きっとして、香也子がいった。
「なあるほど。大変なファイトだ」
ニヤッと笑った整に、
「わたし、十ぐらいのときのお姉さんしか知らないのよ。本当に整さんのいうとおり、素敵な女性かしら」
「君って忙しい人だな。すべての男性は恋人に変わり得るし、すべての女性はライバルに変わり得る。それじゃ、心の休まるときがないだろう」
「いいえ、そう思うから、わたしには人生が楽しいの」
香也子は不意に子供っぽく笑って見せた。

三浦綾子『果て遠き丘』「春の日 三」
『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. 香也子は父の手をふり払って、ふくさをつけている和服姿の中年の女にいった。

  2. そんな容一に、保子から電話がきた時、容一はわれにもなく心がゆらいだ。

  3. 二人はいつしか頂上に出た。頂上にはテレビ塔があった。

  4. 香也子は再び視線を姉の恵理子に戻した。

  5. 沢を隔てた向かいの山が、日一日と鮮やかな芽吹きを見せてきている。

  6. いい終わらぬうちに、ドアをノックしてはいってきたのは、香也子だった。