鳶の啼く声に、小山田整が空を見あげていった。

鳶の啼く声に、小山田整が空を見あげていった。
「鳶の舞うときは、天気が変わるんだってさ」
五月の陽に、庭の芝生が輝いている。
「整さんは、物知りね。一分間に六千も流星が地上に降るとか、鳶が啼いたら何とやらとか」
香也子が整の目をのぞきこむように、いたずらっぽく笑う。
「それほどでもないけれどね」
「つまり、整さんは退屈してるってことね。恋人がないってことね」
「こいつ」
整が殴る真似をし、香也子が椅子を立って逃げる真似をした。芝生に香也子の影が動く。
「香也子にだって、恋人はいないじゃないか。章子ちゃんには、もうできたっていうのに……」
今度は香也子が殴る真似をし、整が逃げる真似をする。

三浦綾子『果て遠き丘』「春の日 三」
『果て遠き丘』小学館電子全集

オーディオライブラリー『果て遠き丘』朗読:七瀬真結

関連記事

  1. その翌日のことだった。保子にいわれて、恵理子はゴミを焼きに外に出た。

  2. 容一が保子の潔癖性に手を焼いたのは事実だった。

  3. 香也子が先に立ち、橋宮容一と妻の扶代、そしてその娘の章子があとにつづく。

  4. 「大変な人ねえ」 扶代が楽しげにいった。

  5. 「おとなしいところがいいんだろう。ところで、お前もお茶でも習ったらどうだ」 容一はようやく、いいたかったことをきりだした。

  6. 家人たちが騎馬のけいこをしているのであろう。土塀の外を大声で笑いながら、二、三騎駈けて行く音がした。