『われ弱ければ 矢嶋楫子伝』ミニ解説  森下辰衛

われ弱ければ(われよわければ) 矢嶋楫子伝(やじまかじこでん)
「あなたがたは聖書を持っています。だから自分で自分を治めなさい」と語った女子学院院長、矯風会初代会頭矢嶋楫子。その信仰の核心には、妻子ある男性と恋愛し子を産んで痛感した人間の弱さへの自覚があった。

連載 … 幼児と保育1988年4月〜1989年7月
出版 … 小学館1989年12月
現行 … 小学館文庫・小学館電子全集

『われ弱ければ』小学館文庫

『われ弱ければ』小学館電子全集

関連記事

  1. 『私にとって書くということ』ミニ解説  森下辰衛

  2. 『遺された言葉』ミニ解説  森下辰衛

  3. 『夢幾夜』ミニ解説  森下辰衛

  4. 『片隅のいのち』ミニ解説  森下辰衛

  5. 『水なき雲』ミニ解説  森下辰衛

  6. 『したきりすずめのクリスマス』ミニ解説  難波真実