『あのポプラの上が空』ミニ解説  森下辰衛

あのポプラの上が空(あのぽぷらのうえがそら)
植物園前で病院と薬局を営む谷野井家に巣食う麻薬中毒。その核心は夫婦間の愛の不毛と人間として崩壊してゆく孤独な魂の叫びであった。若い惇一と景子の真実な生に再生への祈りをこめて書かれた最後の現代小説。

連載 … イン・ポケット1988年1月〜1989年8月
出版 … 講談社1989年9月
現行 … 小学館電子全集

『あのポプラの上が空』小学館電子全集

関連記事

  1. 『ひつじが丘』ミニ解説  森下辰衛

  2. 『夕あり朝あり』が映し出す 日本の近代〈戦争・災害・人権 ……〉  難波真実

  3. 『太陽はいつも雲の上に 共著:三浦光世』ミニ解説  難波真実

  4. 『人間の原点 苦難を希望に変える言葉』ミニ解説  森下辰衛

  5. 永野信夫の成長物語 3つの道(2)大人への道 愛と性に惑いながら

  6. 『この病をも賜として』ミニ解説  森下辰衛