『ちいろば先生物語』ミニ解説  森下辰衛

ちいろば先生物語(ちいろばせんせいものがたり)
イエス様を乗せて歩く小さいろばであろうとした破天荒な牧師榎本保郎の生涯。敗戦と絶望の日々に神と出会い、世光教会開拓、アシュラム運動へと進んだ彼のダイナミックな人生の根幹は、神の言葉への聴従であった。

連載 … 週刊朝日1986年1月〜1987年3月
出版 … 朝日新聞社1987年5月
現行 … (上下2巻)集英社文庫・小学館電子全集

『ちいろば先生物語』小学館文庫

『ちいろば先生物語』(上)小学館電子全集

『ちいろば先生物語』(下)小学館電子全集

関連記事

  1. あいつを殺したのは誰だ! 天人峡で起きたスリル満点の愛憎劇『自我の構図』  難波真実

  2. ひと粒の麦、地に落ちて ― 長野氏は乗客を助けるために ―  難波真実

  3. 『死の彼方までも』ミニ解説  森下辰衛

  4. 『生かされてある日々』ミニ解説  森下辰衛

  5. 『岩に立つ』ミニ解説  森下辰衛

  6. 『塩狩峠』ミニ解説  森下辰衛