『草のうた』ミニ解説  森下辰衛

草のうた(くさのうた)
大正11年4月25日、綾子は旭川市に生まれた。病弱で多感だった幼少期、身の回りで起こる様々な「死」の体験を軸に、多くの魂との交感の中で、世界と神に向かって、小さな魂が草の如く萌え出る日々を描く自伝。

連載 … 月刊カドカワ1985年5月〜1986年4月
出版 … 角川書店1986年12月
現行 … 角川文庫・小学館電子全集

『草のうた』文庫本

『草のうた』小学館電子全集

関連記事

  1. 舞台となった塩狩峠 「天塩の国」と「石狩の国」の境  ― 当時は鉄道の難所だった ―  難波真実

  2. 『聖書に見る人間の罪 暗黒に光を求めて』ミニ解説  森下辰衛

  3. 『水なき雲』ミニ解説  森下辰衛

  4. 『続泥流地帯』ミニ解説  森下辰衛

  5. 『藍色の便箋 悩めるあなたへの手紙』ミニ解説  森下辰衛

  6. 『まっかなまっかな木』ミニ解説  難波真実