『嵐吹く時も』ミニ解説  森下辰衛

嵐吹く時も(あらしふくときも)
自由民権運動の迫害と北海道の監獄史を背景に、祖父母、父母とその故郷苫前をモデルに書かれた物語。美しくも奔放なふじ乃の過ちから生まれた新太郎の新生の物語を軸に、人間の尊厳と国の権力との相克を問う。

連載 … 主婦の友1984年1月〜1986年6月
出版 … 主婦の友社1986年8月
現行 … (上下2巻)小学館電子全集

『嵐吹く時も』(上)小学館電子全集

『嵐吹く時も』(下)小学館電子全集

関連記事

  1. 『国を愛する心』ミニ解説  難波真実

  2. 永野信夫の成長物語 3つの道(2)大人への道 愛と性に惑いながら

  3. 『積木の箱』ミニ解説  森下辰衛

  4. 『自我の構図』ミニ解説  森下辰衛

  5. 『人間の原点 苦難を希望に変える言葉』ミニ解説  森下辰衛

  6. 『それでも明日は来る』ミニ解説  森下辰衛