『愛の鬼才 西村久蔵の歩んだ道』ミニ解説  森下辰衛

愛の鬼才(あいのきさい) 西村久蔵(にしむらきゅうぞう)の歩んだ道
堀田綾子を洗礼に導いた札幌北一条教会長老西村久蔵。札幌商業教師、洋菓子のニシムラ社長として、キリストの熱き愛に生きて死んだ久蔵の中心にあったのは、キリストを殺したのは自分だという痛烈な信仰だった。

連載 … 小説新潮1982年6月〜1983年9月
出版 … 新潮社1983年10月
現行 … 小学館文庫・小学館電子全集

『愛の鬼才』小学館文庫

『愛の鬼才』小学館電子全集

関連記事

  1. ひと粒の麦、地に落ちて ― 長野氏は乗客を助けるために ―  難波真実

  2. 『いとしい時間 愛の歌集』ミニ解説  森下辰衛

  3. 『忘れえぬ言葉 私の赤い手帖から』ミニ解説  森下辰衛

  4. 『難病日記』ミニ解説  森下辰衛

  5. 『一日の苦労は、その日だけで十分です』ミニ解説  難波真実

  6. 『風はいずこより』ミニ解説  森下辰衛