『青い棘』ミニ解説  森下辰衛

青い棘(あおいとげ)
旭川の北斗医科大学教授邦越康郎は息子の嫁友起子に戦争で死んだ先妻の面影を見ていたが、友起子は義父に理想の男性を感じていた。中国人強制連行殉難事件を遠景に、戦争といのち、家庭に潜む人間の心の棘を描く。

連載 … ベルママン1980年4月〜1982年4月
出版 … 学習研究社1982年4月
現行 … 講談社文庫・小学館電子全集

『青い棘』文庫本

『青い棘』小学館電子全集

関連記事

  1. 『死の彼方までも』ミニ解説  森下辰衛

  2. 『塩狩峠』ミニ解説  森下辰衛

  3. 地域が生み育てた作家・三浦綾子  難波真実

  4. 『ひかりと愛といのち』ミニ解説  森下辰衛

  5. 肋骨の小箱と手紙  森下辰衛

  6. 『裁きの家』ミニ解説  森下辰衛